注目キーワード

海外トレンド

パリの交通機関がPPA締結、トラム7路線分の電力を風力で

パリ交通公団(RATP)が風力発電による電力契約(PPA)をフランス電力(EDF)と締結。これによりトラム7路線分の電力消費量が風力で賄われることになった。

2025年までにCO2排出「半減」目指す

パリの公共交通機関で再生可能エネルギーの使用が増えている。パリ市および近郊の地下鉄、トラム、バスなどを運行するパリ交通公団(RATP)は、風力発電による電力契約(PPA)をフランス電力(EDF)と2021年2月に締結した。

トラムはパリ市をぐるりと囲むように 路線が延びている。©Yukinobu Shuzui

PPAとは「Power Purchase Agreement」の略で、発電事業者と需要家が結ぶ電力購入契約のこと。2021年から3年間、フランス国内5ヶ所の風力発電所より170GWh(2021年は51GWh近く、2022年と2023年は60GWh)の供給を受ける。

これはRATPの年間電力消費量の4%にあたり、RATPが運営するトラム7路線分の電力消費量に相当する。RATPの持続可能開発部門責任者ソフィー・マゾウエ氏は「2025年までに風力発電の割合を10%まで上げることが私たちの展望」と述べる。

またRATPは、1500台の電気バスと2200台の再生可能ガスバスを増やし、2025年までの二酸化炭素(CO2)排出量50%削減を目指している。

パリ市内の停留所に停まる電気バス。©Yukinobu Shuzui

DATA

問い合わせ先:パリ交通公団


文:守隨亨延

WIND JOURNAL vol.00(2021年夏号)より転載

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. 脱炭素化の鍵は浮体式洋上風力? 日揮や戸田建設など6社が、懇談会を発足...
  3. 洋上風力ラウンド1を徹底分析『WIND JOURNAL』vol.02 発行!
  4. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  5. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船
  6. 青森県沖の有望区域、ヴィーナ・エナジー、四電、東邦ガスが応札に向けタッグ...
  7. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  8. 洋上風力ラウンド1の“総取り”で、評価方法はどのように見直される?
  9. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  10. 洋上風力ラウンド1は価格の妥当性、事業実現性に課題。地域調整、産業化にも疑義あり...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正