注目キーワード

English 日本語

海外トレンド

パリの交通機関がPPA締結、トラム7路線分の電力を風力で

パリ交通公団(RATP)が風力発電による電力契約(PPA)をフランス電力(EDF)と締結。これによりトラム7路線分の電力消費量が風力で賄われることになった。

2025年までにCO2排出「半減」目指す

パリの公共交通機関で再生可能エネルギーの使用が増えている。パリ市および近郊の地下鉄、トラム、バスなどを運行するパリ交通公団(RATP)は、風力発電による電力契約(PPA)をフランス電力(EDF)と2021年2月に締結した。

トラムはパリ市をぐるりと囲むように 路線が延びている。©Yukinobu Shuzui

PPAとは「Power Purchase Agreement」の略で、発電事業者と需要家が結ぶ電力購入契約のこと。2021年から3年間、フランス国内5ヶ所の風力発電所より170GWh(2021年は51GWh近く、2022年と2023年は60GWh)の供給を受ける。

これはRATPの年間電力消費量の4%にあたり、RATPが運営するトラム7路線分の電力消費量に相当する。RATPの持続可能開発部門責任者ソフィー・マゾウエ氏は「2025年までに風力発電の割合を10%まで上げることが私たちの展望」と述べる。

またRATPは、1500台の電気バスと2200台の再生可能ガスバスを増やし、2025年までの二酸化炭素(CO2)排出量50%削減を目指している。

パリ市内の停留所に停まる電気バス。©Yukinobu Shuzui

DATA

問い合わせ先:パリ交通公団


文:守隨亨延

WIND JOURNAL vol.00(2021年夏号)より転載

関連記事

EEZ

アクセスランキング

  1. 秋田県、秋田・能代港湾区域の魚礁効果を調査 渋谷潜水工業が受託候補者に...
  2. 洋上風力第4ラウンド、「有望な区域」の整理に向けて 国が発電事業者から情報提供の受け付け開始...
  3. 【特集】洋上風力「第3ラウンド」の動向まとめ 青森、山形の2海域を徹底分析!...
  4. 【第2ラウンド深堀り解説①】第2ラウンド4海域 それぞれ別々の企業連合が選定事業者に...
  5. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...
  6. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  7. 浮体式洋上風力トップ3社に聞く、日本が直面する課題と突破口
  8. ハブ、ナセルからタワーまで風車1基の定期点検に密着!
  9. 浮体式洋上風力実証事業「フェーズ2」 秋田県南部沖と愛知県田原市・豊橋市沖の2海域を選定...
  10. 【第3ラウンド最新動向】洋上風力第3ラウンドは少数激戦に ~ 青森沖と山形沖の行方 ~...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.06 | ¥0
2024/2/28発行

お詫びと訂正