注目キーワード

業界トピック

英企業と提携し、洋上風力監視・指令の総合管理センターを展開[日本無線]

イギリスのSeaRoc Group社と業務提携し、自社開発システムも含めて洋上風力発電分野における監視ソリューションの発展を推進する日本無線。同社マリンシステム営業部国内担当部長の中島修一氏に、今後の展望を聞いた。

洋上風力業界の発展へ
SeaRoc Group社と業務提携

日本無線は創業100年以上の歴史のなかで、情報通信の様々なフィールドで技術と経験を培ってきた。

洋上風力発電の分野では、海外で圧倒的な実績を誇るイギリスのSeaRoc Group社と業務提携し、日本の洋上風力発電事業の成功をバックアップする。同時に、発電施設周辺の漁業協調や地域振興も支援していく。

その中で、特に注目されるのが「MCCシステム」。作業船および周辺海域を航行する船舶の監視、作業船とその乗組員の管理などのほか、気象情報を取得して効率の良い作業ができるようにシミュレーションするなど、洋上風力発電の監視・指令に最適な総合管理システムだ。

日本では洋上風力発電を手掛けるにあたり、実現性と実績を重視される。同社の特徴は、すでに実績があるSeaRoc Group社の技術に、自社開発した船舶動静情報や気象情報のクラウドシステム、レーダーAIS制御表示装置、監視レーダーなどを組み合わせることで、この実現性と実績をクリアしている点にある。

日本には洋上風力発電の経験値がほとんどない。そのため、洋上風力発電の建設・運用で監視・指示できる技術者が不足しているといった課題がある。業界が発展するには「欧州レベルに加え日本での最適化された監視・指令システムが必要になる。当社にはそのソリューション供給力・サービス力・教育ノウハウがある」と、同社の中島修一マリンシステム営業部国内担当部長は話す。

建設から運用までの安全性を担保する同社の監視・指令システムは、今後さらに重要性が増してくる。

話を聞いた人

日本無線株式会社
マリンシステム営業部
国内担当部長
中島修一氏

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. 脱炭素化の鍵は浮体式洋上風力? 日揮や戸田建設など6社が、懇談会を発足...
  3. 洋上風力ラウンド1を徹底分析『WIND JOURNAL』vol.02 発行!
  4. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  5. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船
  6. 青森県沖の有望区域、ヴィーナ・エナジー、四電、東邦ガスが応札に向けタッグ...
  7. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  8. 洋上風力ラウンド1の“総取り”で、評価方法はどのように見直される?
  9. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  10. 洋上風力ラウンド1は価格の妥当性、事業実現性に課題。地域調整、産業化にも疑義あり...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正