注目キーワード

業界トピック

唯一の風力発電タワーメーカーとして、風車の国産化に貢献 [会川鉄工]

日本でただ一つの風力発電タワー製造工場を持ち、“一社気を吐く”メーカーがある。福島県の会川鉄工だ。同社の代表取締役・会川文雄氏に、日本の風力発電普及に懸ける想いを聞いた。

風力発電を国の基幹産業へ
真の成長を技術力で支える

会川鉄工は日本で初めて風力発電タワー専門工場を作った、タワー製造のトップランナーです。もともとは火力発電所用水タンクや原子力発電用遮蔽容器などを製造しており、そこで培った技術力を風力発電タワーに注ぎ込んでいます。2013年に産総研・福島再生可能エネルギー研究所の中型風力発電タワーを製造したのを皮切りに、各種風力発電タワーを全国200ヶ所以上に提供してまいりました。

日本は、いま国を挙げて風力発電の導入を進めようとしていますが、我が国には現在、これを推進し得るだけの風力発電産業がありません。かつて風車を作っていたメーカーも製造から撤退してしまうなど、欧米に大きく遅れをとっています。国も風車の国産化を後押ししようとしていますが、それも現状では洋上風力のみで、陸上風力に関しては動きがありません。

風力発電の導入目標を達成するためには、陸上風力もまだまだ伸ばしていかなければならないわけですから、陸上風力に関してもトータルに国産化を進めていくべきでしょう。そうでなければ、すでにマーケットをもっている海外メーカーに、せっかく伸びようとしている市場を奪われてしまいます。それでは日本に真に風力発電産業を育てていくことはできません。

かつての造船や火力発電のように、風力発電は国の基幹産業となり得るものです。脱炭素社会の実現に向けて、そうしていかなければならないものです。風車には自動車と同じくらいの部品があり、産業としての広がりは計り知れません。日本には技術力の礎があります。弊社は日本唯一の風力発電タワーメーカーとして、風車国産化の一翼を担っていく覚悟です。風力発電に関わる多方面の皆様と協力し、日本の風力発電産業の発展に貢献していきたいと考えています。
 

話を聞いた人

会川鉄工株式会社
代表取締役
会川文雄氏


取材・文/廣町公則

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. 脱炭素化の鍵は浮体式洋上風力? 日揮や戸田建設など6社が、懇談会を発足...
  3. 洋上風力ラウンド1を徹底分析『WIND JOURNAL』vol.02 発行!
  4. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  5. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船
  6. 青森県沖の有望区域、ヴィーナ・エナジー、四電、東邦ガスが応札に向けタッグ...
  7. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  8. 洋上風力ラウンド1の“総取り”で、評価方法はどのように見直される?
  9. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  10. 洋上風力ラウンド1は価格の妥当性、事業実現性に課題。地域調整、産業化にも疑義あり...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正