注目キーワード

業界トピック

唯一の風力発電タワーメーカーとして、風車の国産化に貢献 [会川鉄工]

日本でただ一つの風力発電タワー製造工場を持ち、“一社気を吐く”メーカーがある。福島県の会川鉄工だ。同社の代表取締役・会川文雄氏に、日本の風力発電普及に懸ける想いを聞いた。

風力発電を国の基幹産業へ
真の成長を技術力で支える

会川鉄工は日本で初めて風力発電タワー専門工場を作った、タワー製造のトップランナーです。もともとは火力発電所用水タンクや原子力発電用遮蔽容器などを製造しており、そこで培った技術力を風力発電タワーに注ぎ込んでいます。2013年に産総研・福島再生可能エネルギー研究所の中型風力発電タワーを製造したのを皮切りに、各種風力発電タワーを全国200ヶ所以上に提供してまいりました。

日本は、いま国を挙げて風力発電の導入を進めようとしていますが、我が国には現在、これを推進し得るだけの風力発電産業がありません。かつて風車を作っていたメーカーも製造から撤退してしまうなど、欧米に大きく遅れをとっています。国も風車の国産化を後押ししようとしていますが、それも現状では洋上風力のみで、陸上風力に関しては動きがありません。

風力発電の導入目標を達成するためには、陸上風力もまだまだ伸ばしていかなければならないわけですから、陸上風力に関してもトータルに国産化を進めていくべきでしょう。そうでなければ、すでにマーケットをもっている海外メーカーに、せっかく伸びようとしている市場を奪われてしまいます。それでは日本に真に風力発電産業を育てていくことはできません。

かつての造船や火力発電のように、風力発電は国の基幹産業となり得るものです。脱炭素社会の実現に向けて、そうしていかなければならないものです。風車には自動車と同じくらいの部品があり、産業としての広がりは計り知れません。日本には技術力の礎があります。弊社は日本唯一の風力発電タワーメーカーとして、風車国産化の一翼を担っていく覚悟です。風力発電に関わる多方面の皆様と協力し、日本の風力発電産業の発展に貢献していきたいと考えています。
 

話を聞いた人

会川鉄工株式会社
代表取締役
会川文雄氏


取材・文/廣町公則

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.1 | ¥0
2021/9/29発行

お詫びと訂正

アクセスランキング

  1. 【商船三井】洋上風力バリューチェーンへの貢献目指す
  2. 【東京汽船】洋上風力の発展へ一翼担うCTVのパイオニア企業
  3. ダイヘン、風力発電をはじめとする再エネ活用拡大に貢献
  4. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  5. 日本初!風力発電の最前線マガジン『WIND JOURNAL』9/29(水)創刊
  6. 【九電みらいエナジー】響灘洋上ウインドファーム進捗順調、22年度着工へ...
  7. 洋上風力建設に欠かせない大型クレーンで市場を牽引。[Huisman]
  8. 「夜明け前」の洋上風力。参入プレーヤーが劇的増加、「5兆円マーケット」を見越し...
  9. 洋上風力の「一大拠点」目指す室蘭 地元の特性生かし地域の活性化へ
  10. 洋上風力、毎年1~2件受注目指す、日揮

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.1 | ¥0
2021/9/29発行

お詫びと訂正