注目キーワード

業界トピック

台湾へ出資、国内ファンドも 洋上風力事業拡大へ商船三井の動きが加速

商船三井が、洋上風力事業の動きを加速させている。3月4日には、台湾の洋上風力発電事業への出資と、国内の洋上風力発電事業向けのファンド立ち上げを同時に発表した。脱炭素化に向けて期待が高まる洋上風力について、国内外で事業を広げる構えだ。

台湾の洋上風力事業に出資
東邦ガス、北陸電力の3社で

商船三井は3月4日、台湾で進められている洋上風力事業に出資すると発表した。東邦ガス・北陸電力と共同で、発電所運営会社の株式25.0%を取得し、事業に参入する。洋上風力発電所を運営する「フォルモサワン・インターナショナルインベストメント」の株式のうち、オーストラリアの大手金融グループ・マッコーリー社の持ち分を取得するという。
 
参入するのは、台湾で初めての商業規模の洋上風力発電所である「フォルモサ1」。台湾苗栗県の沖合で2017年から稼働しており、固定価格買取制度(FIT)で台湾の電力会社Taipowerに売電している。発電容量は128MW。着床式で、22基が稼働している。

北拓とファンドを立ち上げ
国内の洋上風力に投資する

また、商船三井は国内の洋上風力事業にも力を入れる。同社は台湾の洋上風力発電事業への出資を発表した3月4日、独立系風力発電メンテナンス会社・北拓(本社:北海道旭川市)とともに「北拓・MOL ウインドエナジー投資事業有限責任組合(北拓・MOL 風力ファンド)」を設立することを同時に発表した。国内の洋上風力発電事業への投資を中心に、当面約 100 億円規模での運用を目指すという。

DATA

台湾における洋上風力発電事業への出資参画について
北拓と商船三井が洋上風力発電事業投資に向けた投資事業有限責任組合を設立

関連記事

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 2022年度の促進区域、新たに3海域を指定へ。ラウンド2・3は合同で実施か
  2. カギを握る“地域共生”『WIND JOURNAL』vol.03 8/31発行!
  3. 発電を止めない! ナブテスコの“クラウド型”状態監視
  4. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  5. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  6. 世界で注目! 洋上風力発電における「アラミド繊維」の可能性
  7. 洋上風力「促進区域」の8市町が協議会、「漁業との共生」や雇用・地域経済発展に期待...
  8. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  9. 日本を“第2の本拠地”へ。Xodusの洋上風力コンサルが日本の浮体式を成功に導く...
  10. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2022/8/31発行

お詫びと訂正