注目キーワード

海外トレンド

風さえ吹けば、いつでもどこでも使える! 持ち運べるパワフルな風力発電機

風力発電で世界をリードする英国発の、タフでハイパワーなポータブル風力発電機「INFINITE AIR12」。電力ネットワークのないオフグリッドの環境下でもたっぷり発電することから、キャンプや登山といったアウトドアや非常用電源として活躍が期待されている。

パワフルなポータブル風力発電機
風さえ吹けばいつでも発電できる

「INFINITE AIR12」は、風さえあればいつでもどこでも発電できるポータブル風力発電機だ。12Vというハイパワーで、電力会社のネットワークのないオフグリッドの状態でも電気をつくることができる。

ポータブル発電機には、太陽光発電やエンジンを搭載した発電機などもある。しかし、太陽が出ていないと発電できなかったり、燃料が途中で足りなくなったりといったデメリットが考えられる。また、山中などのアウトドアでは、重いバッテリーや発電機、燃料などを持ち運ぶのは大変だ。

一方で、風の力を利用して発電する「INFINITE AIR12」は、風が吹けば夜間や雨天でも発電できるうえに、総重量3.2kgと軽量。USB充電式デバイスと互換性があるため、夜のうちにスマートフォンなどの機器を充電しておくこともできる。


12V用DC充電ケーブルをつなぐことでノートパソコンの充電もでき、リモートワークにも最適だ。出典:横浜グローバルトレーディング

また、-20ºCから40°C‬という環境でも発電できるため、キャンプや登山はもちろん、非常時の備えとしても頼もしい。組み立てに要する時間もわずか5分で、特殊なツールも不要だ。電気を使いたいときにすぐ発電できるという利便性は群を抜いている。

風力発電の盛んな英国発
世界中のタフな現場で活躍中

ポータブル風力発電機「INFINITE AIR12」を開発したのは、英国のTexenergyだ。同社はポータブル発電機や蓄電システムなどの開発・製造を行っている。世界の風力発電をリードする英国を拠点に、オフグリッドでも電気を自給できる信頼性の高い製品を提供している。

同社には、電気機械工学や工業デザインを専門とするエンジニアが多く在籍する。そんなTexenergyが開発した「INFINITE AIR12」は、あらゆる方向から吹く風をとらえることが可能だ。風速が低くてもしっかりと発電する一方で、風速62〜74km/時間という暴風下でも発電できる。

また、IP65規格を取得した高い防水性能をもち、一部にシリコンを使ったブレードは雨や水しぶきにも強い。同時に、人がぶつかってもケガをしにくいようにも配慮されている。こうした特徴から、世界各地の医療従事者や研究者、探検家や写真家などが「INFINITE AIR12」を愛用している。

日本では、神奈川県の横浜グローバルトレーディングが「INFINITE AIR12」の正規輸入販売代理店となっている。

製品仕様・スペック
総重量:3.2 kg
ユニット:1.8kg | 三脚:1.4kg
キャリーケース:350mm x 260mm x 110mm
動作風速:12– 19 km/hから62- 74 km/h
最小速度:12mph / 20km / h
最大速度:40mph / 64km / h
最大電力:18W
高さ:109.8cm
三脚幅:28cm
刃周り:50.5cm
生成電力:1.5Aで12V
動作温度:-20ºCから40°C‬

DATA

Texenergy

問い合わせ

横浜グローバルトレーディング
担当:前島克治(代表)
〒221-0005 神奈川県横浜市神奈川区松見町4-1117-4
TEL: 070-8360-2368 
MAIL: maeji0731@gmail.com


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. 洋上風力大量導入へ 広域送電網を増強
  3. 洋上風力「セントラル方式」で調査、北海道3海域を選定
  4. 【速報】洋上風力第2ラウンド 秋田、新潟、長崎の計4海域で公募開始
  5. 【第2ラウンド動向】新潟県村上市、胎内市沖の公募の行方
  6. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  7. 【第2ラウンド動向】秋田県男鹿市、潟上市、秋田市沖の公募の行方
  8. 【第2ラウンド動向】 秋田県八峰町、能代市沖の公募の行方
  9. 北拓 風力メンテ国内トップ企業の経営戦略【動き出す第1ラウンド事業②】...
  10. 【第2ラウンド動向】長崎県西海市江島沖の公募の行方

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2022/8/31発行

お詫びと訂正