注目キーワード

国内事例

風況マストとドップラーライダーで地上高10m~200mの風況を調査 インター・ドメイン

1989年に設立されたインター・ドメイン株式会社。当初は海洋開発を目指していたが、1990年代前半から小型風力発電、そして風況調査に路線変更。同社の代表取締役を務める杉本信策氏から、風況調査事業について話を聞いた。

洋上風力への需要に対応
ドップラーライダーを導入

――主力事業は?
当社は、風況調査30年のエキスパートです。地上高60mまで長期計測する風況マストと風速センサー等計測製品および地上高10m~200mの風況を計測するドップラーライダーの販売・レンタル・計測業務をご提供しています。

写真左から「ドップラーライダー」「風況観測マスト」「風速センサー」

NEDO風況調査フィールド事業は1990年代の地上高20mから始まり、2000年代には地上高60mまで大型化しました。弊社は、そのすべてにわたり主に米NRG社の風況調査機器を使った風況調査に従事してきました。風力タービンの大型化および洋上風力発電計画への需要に対応し、ドップラーライダーを導入しました。風況マストとドップラーライダーの複合観測を提供します。

話を聞いた人

インター・ドメイン株式会社
代表取締役
杉本信策氏


取材・文:山村敬一

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 三菱商事系コンソ ラウンド1事業の実施体制固まる
  2. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  3. 洋上風力発電の落札制限 現時点ではラウンド2のみ
  4. 2022年度の促進区域、新たに3海域を指定へ。ラウンド2・3は合同で実施か
  5. 風力発電用吊り治具で工数低減!リフティング作業の名機「アクシオン」...
  6. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  7. カギを握る“地域共生”『WIND JOURNAL』vol.03 8/31発行!
  8. アルバトロス・テクノロジー 低コスト浮体式洋上風車の海上実験開始へ
  9. 丸紅 秋田洋上風力発電の設置大詰め 年内に商業運転へ
  10. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2022/8/31発行

お詫びと訂正