注目キーワード

国内事例

風況マストとドップラーライダーで地上高10m~200mの風況を調査 インター・ドメイン

1989年に設立されたインター・ドメイン株式会社。当初は海洋開発を目指していたが、1990年代前半から小型風力発電、そして風況調査に路線変更。同社の代表取締役を務める杉本信策氏から、風況調査事業について話を聞いた。

洋上風力への需要に対応
ドップラーライダーを導入

――主力事業は?
当社は、風況調査30年のエキスパートです。地上高60mまで長期計測する風況マストと風速センサー等計測製品および地上高10m~200mの風況を計測するドップラーライダーの販売・レンタル・計測業務をご提供しています。

写真左から「ドップラーライダー」「風況観測マスト」「風速センサー」

NEDO風況調査フィールド事業は1990年代の地上高20mから始まり、2000年代には地上高60mまで大型化しました。弊社は、そのすべてにわたり主に米NRG社の風況調査機器を使った風況調査に従事してきました。風力タービンの大型化および洋上風力発電計画への需要に対応し、ドップラーライダーを導入しました。風況マストとドップラーライダーの複合観測を提供します。

話を聞いた人

インター・ドメイン株式会社
代表取締役
杉本信策氏


取材・文:山村敬一

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.1 | ¥0
2021/9/29発行

お詫びと訂正

アクセスランキング

  1. 【商船三井】洋上風力バリューチェーンへの貢献目指す
  2. 【東京汽船】洋上風力の発展へ一翼担うCTVのパイオニア企業
  3. ダイヘン、風力発電をはじめとする再エネ活用拡大に貢献
  4. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  5. 日本初!風力発電の最前線マガジン『WIND JOURNAL』9/29(水)創刊
  6. 【九電みらいエナジー】響灘洋上ウインドファーム進捗順調、22年度着工へ...
  7. 洋上風力建設に欠かせない大型クレーンで市場を牽引。[Huisman]
  8. 「夜明け前」の洋上風力。参入プレーヤーが劇的増加、「5兆円マーケット」を見越し...
  9. 洋上風力の「一大拠点」目指す室蘭 地元の特性生かし地域の活性化へ
  10. 洋上風力、毎年1~2件受注目指す、日揮

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.1 | ¥0
2021/9/29発行

お詫びと訂正