注目キーワード

業界トピック

都市部でも設置可能な風力発電機の誕生? チャレナジーと第一生命が開発を開始

都市部等の人口密集地で風車を立てる場合、風車部の高さに制限があるため、設置場所が限定されていた。そこで、チャレナジーと第一生命保険は、都市部などの密集地にも設置可能な、より小型のマイクロ風力発電の開発に着手した。

都市部型風力発電機
マイクロ風力発電を開発

チャレナジーは、第一生命保険と協力し、より小型のマイクロ風力発電の開発に着手した。風車部の高さは2m前後、発電容量は1kW未満を想定している。マイクロ風力発電の開発により、都市のオープンスペースやビルの外構などでの設置が増えることが期待される。

今回の開発計画だが、まずは第一生命が所有する第一生命グラウンドにマイクロ風力発電を設置する予定だ。敷地内の外灯や監視カメラなどの常用電源に加え、災害時の非常用電源としての使用を想定している。第一生命は、ESG投資の一環であるインパクト投資として、チャレナジーに2億円の出資を実施している。

今後、第一生命グラウンドにおける実証実験を踏まえて、小型という特性を生かし、都市部のビルの外構や住宅地などへの展開も検討している。マイクロ風力発電が普及することで、通常電力を風力発電に代替することによるCO2排出削減効果も期待される。

DATA

株式会社チャレナジー
第一生命保険株式会社

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. 脱炭素化の鍵は浮体式洋上風力? 日揮や戸田建設など6社が、懇談会を発足...
  3. 洋上風力ラウンド1を徹底分析『WIND JOURNAL』vol.02 発行!
  4. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  5. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船
  6. 青森県沖の有望区域、ヴィーナ・エナジー、四電、東邦ガスが応札に向けタッグ...
  7. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  8. 洋上風力ラウンド1の“総取り”で、評価方法はどのように見直される?
  9. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  10. 【電材エンジニアリング】超大型風車の輸送・組み立て・据え付け・O&Mのワンストップ・サービス...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正