注目キーワード

English 日本語

エキスパート

風力発電用吊り治具で工数低減!リフティング作業の名機「アクシオン」

風力発電に特化した吊り治具ブランド「アクシオン」。ドイツ発の確かな技術で、安全・正確かつ迅速なリフティング作業を実現する。洋上風力の現場では特に、作業時間の短縮がコストダウンの要だ。国内では、総代理店のルッドスパンセットジャパン(旧:ルッドリフティングジャパン)が販売やサポートを展開する。

※本製品を取り扱う総代理店・株式会社ルッドリフティングジャパンの社名は、2023年1月より「株式会社ルッドスパンセットジャパン」に社名が変更しました。

大手メーカーによるお墨付き
高い汎用性もアドバンテージ

アクシオンは、風力発電設備に特化した吊り治具のブランドだ。風力発電の建築や運搬の現場で、タワーやナセル、ブレードなど大型の重量物を傷つけず安全にリフティングできる。洋上風力の現場は、時間との勝負。作業に適した波や風の静かなタイミングは限られるため、短時間での的確な作業が求められる。

作業時間を短縮できれば、SEP船の用船料などの抑制にも役立ち、コストダウン効果も見込める。風力発電専用に設計されたアクシオンの吊り治具は、過酷な環境でも迅速で正確な作業を安全にできるよう、細部まで配慮されている。高さ数十メートルのタワーの吊り上げ・引き起こしの際に活躍するのが、ラウンドスリング滑車、バリオJフック、バリオタップの3点ユニット。

さまざまな大きさや形状のフランジにフィットするよう調整機能が搭載され、汎用性が高いことも大きな魅力の1つだ。さらに、風力発電設備の大手メーカーの認証も取得。世界中で採用された実績をもち、メーカーからアクシオンの吊り治具が支給されることもあるほど、高い信頼を得ている。

タワーの立て起こしでは、ラウンドスリング滑車が荷重を均等に分散。タワーの角度に合わせて回転するバリオJフックなら、タワー下でのボルト留めを外す作業も不要だ。バリオタップは、フランジ穴に合わせたピッチ調整機能付きで、これ1台でさまざまなタワーに対応できる。

ドイツで1966年に設立されたスパンセットグループは、アクシオンなどの吊り治具ブランドを展開している。スパンセットは、世界で初めて自動車の3点式 シートベルトを共同開発したメーカーだ。同グループは、高機能スリングやウレタン保護材(セキュ テックス)など、建築・運搬に関わ る数々のブランドを有する。日本では、輸入総代理店のルッドリフティングジャパンが販売を担う。

同社は、チェーンの世界的リーディングカンパニーであるルッドをビジネスパートナーにもち、販売だけでなくサポートも行う。国内の工場では、スパンセットの繊維スリングの補修もできるため、修繕コストやタイムラグの圧縮にも貢献。国内の陸上風力発電での採用実績もあり、高い安全性とパフォーマンスが求められる製造や建設などの現場で、同社に寄せられる信頼は厚い。

 

問い合わせ

ルッドスパンセットジャパン(旧:ルッドリフティングジャパン)
大阪市西区西本町2-5-28 コスモ西本町ビル901
TEL:06-6536-8807
ask@rud.co.jp


取材・文:山下幸恵(office SOTO)

WIND JOURNAL vol.3(2022年夏号)より転載

アクセスランキング

  1. 日本風力発電協会 新代表理事にJREの安茂氏が就任
  2. 【第3ラウンドの最新動向】 青森県日本海南側、8事業体が環境アセス実施 建設拠点は青森港...
  3. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  4. 秋田市南部沖、2033年度までの着工目指す 浮体式導入も検討
  5. 洋上風力第3ラウンド、2海域で公募開始へ 事業者選定の評価基準が焦点
  6. 洋上風力発電設備、EEZ内設置について意見募集 22日締め切り
  7. 【 参加無料 】4/11 WINDビジネスフォーラム ~ ラウンドの最新動向と最先端テクノロジー ~...
  8. 洋上風力第2ラウンド 、3海域の選定事業者を公表 能代市北部沖は先送り
  9. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...
  10. 洋上風力「第1ラウンド」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.05 | ¥0
2023/9/13発行

お詫びと訂正