注目キーワード

海外トレンド

米国初、カリフォルニア沖での洋上風力リース権の入札を実施。発電規模は4.6GW

米政府が主導する洋上風力発電事業に関心が集まる。12月、カリフォルニア沖における4.6GWの洋上風力発電リース権の入札が実施された。これによって、バイデン政権の掲げる洋上風力発電の目標30GWにまた一歩近づいたことになる。

西海岸で初めての洋上風力入札
入札総額は7.5億ドルに

米内務省は12月7日、カリフォルニア州沖における洋上風力発電事業のリース権の入札結果を発表した。米国は2022年に洋上風力発電事業リース権の入札を2回行ったが、西海岸地域における入札は今回が初めてだ。

今回の入札は、カリフォルニア州沖合の5つの区画を対象に実施された。発電容量は合計4.6GWで、約150万世帯で使用する電気をまかなうことができる。参加する事業者は、1回の入札につき1区画しか落札できないように制限されており、全5区画のうち、3区画を欧州の事業者が落札した。各区画の入札額は1億3,000万〜1億7,380万ドルで、合計7億5,710万ドルにのぼった。


(カリフォルニア州沖の洋上風力発電事業リース権の落札結果。出典:米内務省 海洋エネルギー管理局(BOEM))

2030年までに30GWの目標
3分の1超を2022年の入札で達成

バイデン政権では、洋上風力発電を2030年までに30GWに拡大するという目標を掲げている。2022年2月には、東海岸のニューヨーク州とニュージャージー州における洋上風力発電事業リース権の入札を実施した。米政府だけでなく、ニューヨーク州は2035年までに9GW、ニュージャージー州も同年までに7.5GWの洋上風力発電設備を稼働させることを目指している。

このときは6区域の入札で発電容量は合計5.6GW、入札総額は43億7,000万ドルと過去最高額を更新した。このうちの1区画、約3GWを洋上風力世界大手であるドイツのRWEが約11億ドルで落札した。

2022年に行われた洋上風力発電事業リース権の入札で、発電容量の合計は11GWを超えた。これによって、米政府の2030年までの目標値30GWの3分の1が達成されたことになる。洋上風力発電事業の活発な欧州を追いかけるように、米国でも洋上風力に関する取り組みが加速している。

DATA

Biden-Harris Administration Announces Winners of California Offshore Wind Energy Auction | U.S. Department of the Interior


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. 洋上風力大量導入へ 広域送電網を増強
  3. 【速報】洋上風力第2ラウンド 秋田、新潟、長崎の計4海域で公募開始
  4. 洋上風力「セントラル方式」で調査、北海道3海域を選定
  5. 【第2ラウンド動向】新潟県村上市、胎内市沖の公募の行方
  6. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  7. 【第2ラウンド動向】秋田県男鹿市、潟上市、秋田市沖の公募の行方
  8. 【第2ラウンド動向】 秋田県八峰町、能代市沖の公募の行方
  9. 北拓 風力メンテ国内トップ企業の経営戦略【動き出す第1ラウンド事業②】...
  10. 東芝 秋田で部品供給網を早期構築へ【動き出す第1ラウンド事業①】

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2022/8/31発行

お詫びと訂正