注目キーワード

English 日本語

政策・制度

東京都 再エネファンドの第1号案件に北海道の陸上風力

東京都は10月4日、脱炭素社会の構築につながる投資に資金提供する官民連携ファンド「サステナブルエネルギーファンド」の第1号案件として、北海道豊富町の陸上風力発電プロジェクトに投資したと発表した。

100億円規模で運用
脱炭素事業に投資

東京都 サステナブルエネルギーファンドのスキーム(出典 東京都)

東京都 サステナブルエネルギーファンドのスキーム(出典 東京都)

東京都は、グリーンファイナンスの発展、脱炭素社会の構築に向けて、サステナブルエネルギーファンドを2022年3月に創設し、再生可能エネルギー発電所やクリーンエネルギー拠点などの整備を促進する方針を打ち出していた。運営事業者として再エネ系新電力のLooop(東京都台東区)を選定している。

東京都は2021年3月に「ゼロエミッション東京戦略2020 Update&Report」を発表し、東京を国際金融都市に発展させるための施策として「グリーンファイナンス」の拡大に取り組む意向を表明している。サステナブルエネルギーファンドには東京都が10億円を出資し、広く民間からも資金を集めて100億円規模で運用する。2037年までの15年間、運営を続ける。これまでにファンドには、東京都のほか、センコーコーポレーション、東銀リース、Looopが投資家として参画している。

第1号案件は
北海道の陸上風力事業

ウィンドファーム豊富の完成予想図(出典 中部電力)

ウィンドファーム豊富の完成予想図(出典 中部電力)

第1号案件の投資先になった北海道北部の豊富町は、北は稚内市、南は幌延町、東は猿払村に隣接し、西は日本海に面している。豊富町で2024年4月に運転開始する予定の陸上風力発電プロジェクトに投資する。発電事業の運営会社は、Looop51%、中部電力49%の出資により設立された「豊富Wind Energy合同会社」で、出力は約3万kW。投資額は約15億円で、経費も含めてファンド総額の約17億円をほぼ使い切る。

東京都は、2030年に都内から排出される温室効果ガスを2000年比で半減させる「30年カーボンハーフ」をスローガンに掲げている。今後も、国内の太陽光発電や風力発電などの再エネ発電所建設、水素ステーション開設や大型の蓄電池設置といったクリーンエネルギー拠点の整備などを対象に投資を進める。

DATA

東京都 サステナブルエネルギーファンドの第一号投資案件について

中部電力「ウィンドファーム豊富」の工事着手


取材・文/高橋健一

関連記事

石狩湾新港沖
松前町沖
留萌市
経済産業省
WIND_bizforum

アクセスランキング

  1. 【第3ラウンド最新動向】洋上風力第3ラウンドは少数激戦に ~ 青森沖と山形沖の行方 ~...
  2. 陸上風力発電の設置規制法が可決、成立「自衛隊レーダーへの影響を防止」...
  3. 【第2ラウンド深堀り解説①】第2ラウンド4海域 それぞれ別々の企業連合が選定事業者に...
  4. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...
  5. 【第3ラウンド 深堀り解説】産業育成・振興のカギ握る 価格調整条項
  6. 浮体式洋上風力トップ3社に聞く、日本が直面する課題と突破口
  7. 【第2ラウンド深堀り解説②】ゼロプレミアムの波紋、4海域は大手企業連合が選定事業者に...
  8. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  9. 洋上風力「第1ラウンド」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  10. 洋上風力第3ラウンドの建設拠点 青森港、酒田港が基地港湾に指定

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.06 | ¥0
2024/2/28発行

お詫びと訂正