注目キーワード

English 日本語

業界トピック

商船三井 SEP船の乗組員向け操船・運用訓練サービス開始へ

商船三井とMOLマリン&エンジニアリングは10月11日、SEP船と保守作業支援船の乗組員に対するダイナミックポジショニングシステム(自動船位保持装置)の操船・運用訓練サービスを開始すると発表した。2024年中の開講を目指す。

(アイキャッチ画像 トレーニングセンターのシミュレータ 出典:商船三井)

国内外の希望者に
広く開放

商船三井グループが取り組む訓練コース(出典 商船三井)

商船三井グループが取り組む訓練コース(出典 商船三井)

自動船位保持装置は、風潮流などの外力を自動で計算し、船舶を定点で保持したり、予め設定したルート上を航行させるたりすることができる。海上の1点にとどまり作業をする海底ケーブル敷設船、洋上風力発電関連特殊船、海底油田関連のオフショア船などに必要不可欠とされている。

自動船位保持装置の操船・運用訓練サービスは、商船三井グループの船員に加えて、国内外の受講希望者にも広く開放する。自動船位保持装置の訓練施設は日本国内では限られており、商船三井グループは、広く門戸を開くことで2020年代後半に本格稼働が見込まれる日本の浮体式洋上風力発電事業に不可欠な各種作業船の安全運航・安全操業の実現に寄与したいとしている。この事業は、経済産業省の洋上風力発電人材育成事業費補助金助成事業に採択された。

2024年中の
開講を目指す

洋上風力発電設備設置船 SEP船(出典 Seajacks Japan Ltd)

洋上風力発電設備設置船(出典 Seajacks Japan Ltd)

訓練を実施するMOL DPトレーニングセンターは東京都港区の商船三井ビル内にあり、The Nautical Institute(本部:イギリス)の認証を得た国内初のトレーニングセンター。商船三井とMOLマリン&エンジニアリングは、2024年中のプログラム完成とMOL DPトレーニングセンターでの開講を目指す。

商船三井は今年4月に「商船三井グループ 環境ビジョン2.2」を策定し、2050年までのネットゼロ・エミッション実現を目標に掲げている。持続可能な世界をつくるため、再エネ事業などの推進を通じて、自社のみならず社会からのGHG排出削減にも貢献していくとしている。

DATA

商船三井 洋上風力発電設置設備船・保守作業支援船乗組員向け訓練サービス開始


取材・文/高橋健一

アクセスランキング

  1. 【第3ラウンド最新動向】洋上風力第3ラウンドは少数激戦に ~ 青森沖と山形沖の行方 ~...
  2. 陸上風力発電の設置規制法が可決、成立「自衛隊レーダーへの影響を防止」...
  3. 【第2ラウンド深堀り解説①】第2ラウンド4海域 それぞれ別々の企業連合が選定事業者に...
  4. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...
  5. 【第3ラウンド 深堀り解説】産業育成・振興のカギ握る 価格調整条項
  6. 浮体式洋上風力トップ3社に聞く、日本が直面する課題と突破口
  7. 【第2ラウンド深堀り解説②】ゼロプレミアムの波紋、4海域は大手企業連合が選定事業者に...
  8. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  9. 洋上風力「第1ラウンド」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  10. 洋上風力第3ラウンドの建設拠点 青森港、酒田港が基地港湾に指定

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.06 | ¥0
2024/2/28発行

お詫びと訂正