注目キーワード

English 日本語

政策・制度

【第2ラウンド動向】 秋田県八峰町、能代市沖 今月中に事業者選定へ

経済産業省と国土交通省は、洋上風力第2ラウンドの「秋田県八峰町、能代市沖」について、今月中に発電事業者を選定する方針だ。港湾の利用重複に伴い、事業者の選定を延期していた。

公募が一時中断する
異例の展開


「秋田県八峰町、能代市沖」の促進区域(出典 経済産業省)

「秋田県八峰町、能代市沖」は、青森県と接する八峰町南部から能代市北部にかけての海域。公募占用指針によると、促進区域の面積は3239.4ヘクタールで、発電出力は35.6万kWを想定している。

「秋田県八峰町、能代市沖」は2021年9月に洋上風力発電施設を優先的に整備する「促進区域」に指定された。2021年12月に発電事業者の公募をいったん開始したが、国が2022年3月に評価基準を見直す方針を示したことに伴い、事業者の公募が実質的に中断し、2022年12月から公募を再開していた。

洋上風力第2ラウンドは、昨年12月に「秋田県男鹿市、潟上市、秋田市沖」、「新潟県村上市、胎内市沖」、「長崎県西海市江島沖」の計3海域の事業者が選定されている。「秋田県八峰町、能代市沖」は、港湾利用の重複に伴い、事業者の選定が延期され、異例の展開が続いている。

6事業体が
環境アセスを実施

秋田県八峰町、能代市沖の行方
「秋田県八峰町、能代市沖」には、これまでに6つの事業体が参入の意思を表明し、環境影響評価を実施している。しかし、実際にどの事業体が入札に参加したのかは明らかにされていない。

洋上風力第2ラウンドは、1事業体あたりの発電・送電容量の上限を計100万kWとする規制を設けているが、発電出力が比較的小さい「秋田県男鹿市、潟上市、秋田市沖」、「長崎県西海市江島沖」の落札事業者にもチャンスがある。異例の展開が続いた「秋田県八峰町、能代市沖」の発電事業者は今月中に公表される。

DATA

「秋田県男鹿市、潟上市及び秋田市沖」、「新潟県村上市及び胎内市沖」、「長崎県西海市江島沖」における洋上風力発電事業者の選定について


取材・文/高橋健一

関連記事

清水建設のSEP船
能代港の埠頭
経済産業省
青森県鰺ヶ沢町沖

アクセスランキング

  1. 福島県沖のEEZを含む洋上風力発電調査事業 三菱総研が委託契約候補者に
  2. 洋上風力第3ラウンドの建設拠点 青森港、酒田港が4月中に基地港湾に指定へ...
  3. 【第2ラウンド深堀り解説①】第2ラウンド4海域 それぞれ別々の企業連合が選定事業者に...
  4. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...
  5. 「風の宝庫」 北海道 再エネ関連産業の集積を目指して
  6. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  7. 【第2ラウンド深堀り解説②】ゼロプレミアムの波紋、4海域は大手企業連合が選定事業者に...
  8. 洋上風力第2ラウンド 秋田県八峰町、能代市沖 、JRE、東北電力連合が選定事業者に...
  9. 洋上風力「第1ラウンド」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  10. 秋田県八峰町、能代市沖 建設期間に秋田港と室蘭港を活用、清水建設が施工...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.06 | ¥0
2024/2/28発行

お詫びと訂正