注目キーワード

English 日本語

エキスパート

洋上風力にヘリ活用、人員・物資を輸送 時短・アクセス性向上に貢献

イタリアのレオナルド社製ヘリコプター「AW169/AW139/AW189」を日本の官公庁や自治体、民間などに販売する三井物産エアロスペースは洋上風力関連事業に参入する方針だ。同社のヘリコプター第一部第一室の森達也室長、池下涼星氏に聞いた。

写真は、レオナルド社製ヘリコプター『AW169』。

洋上風力のO&Mに貢献したい

――2021年3月の第9回風力発電展(WINDEXPO)に出展した狙いは?

池下氏 当社はレオナルド社の本邦販売代理店として、「AW169/AW139/AW189」を取り扱っており、新たな分野に挑戦する意味で出展しました。同業界におけるお客さまと需要を調査することなどが目的です。

今後、日本で洋上風力事業が盛んになってきた際、整備、O&M(オペレーション&メンテナンス)の分野において、われわれが提供するヘリコプターが、洋上風車への人員・物資輸送時間の削減、ならびに、高波浪の状況下における風車へのアクセス性の向上に貢献できると考えています。

森氏 3月の風力発電展では、各分野の方とお話しする機会をいただき、一定の成果があったと思っています。今後、離岸距離が遠い「浮体式」洋上風車の登場が予想されるため、ヘリの利用に適する場面も多く出てくると思われます。

WIND EXPOでは多くのお客さまが、ヘリの有用性について興味を示していました。(詳細は『WINDJOURNAL』創刊号に掲載)

話を聞いた人

三井物産エアロスペース
ヘリコプター第一部第一室
室長 森達也氏

三井物産エアロスペース
ヘリコプター第一部第一室
池下涼星氏


取材・文:山村敬一

WIND JOURNAL vol.00(2021年夏号)より転載

関連記事

アクセスランキング

  1. 秋田県、水深30m以下の着床式導入を検討 28日に初会合
  2. 洋上風力「促進区域」指定前に環境省が現地調査 一次答申案に意見募集
  3. “再エネ先進国”に学ぶべきこと 経済学の視点からみた日本の風力発電政策...
  4. 洋上風力第3ラウンドの2海域 入札上限価格は18円に
  5. 【特集】洋上風力発電「第2ラウンド」の動向まとめ! 秋田、新潟、長崎4海域を分析...
  6. 青森沖と山形沖、促進区域の指定案を公告 第3ラウンドは少数激戦
  7. 洋上風力第2ラウンド 4海域の公募が30日締め切り
  8. 『WIND JOURNAL』vol.05 9/13発行!
  9. 石狩湾新港沖、洋上風車設置工事が完了 12月に運転開始へ
  10. 洋上風力「第1ラウンド」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.05 | ¥0
2023/9/13発行

お詫びと訂正