注目キーワード

エキスパート

洋上風力にヘリ活用、人員・物資を輸送 時短・アクセス性向上に貢献

イタリアのレオナルド社製ヘリコプター「AW169/AW139/AW189」を日本の官公庁や自治体、民間などに販売する三井物産エアロスペースは洋上風力関連事業に参入する方針だ。同社のヘリコプター第一部第一室の森達也室長、池下涼星氏に聞いた。

写真は、レオナルド社製ヘリコプター『AW169』。

洋上風力のO&Mに貢献したい

――2021年3月の第9回風力発電展(WINDEXPO)に出展した狙いは?

池下氏 当社はレオナルド社の本邦販売代理店として、「AW169/AW139/AW189」を取り扱っており、新たな分野に挑戦する意味で出展しました。同業界におけるお客さまと需要を調査することなどが目的です。

今後、日本で洋上風力事業が盛んになってきた際、整備、O&M(オペレーション&メンテナンス)の分野において、われわれが提供するヘリコプターが、洋上風車への人員・物資輸送時間の削減、ならびに、高波浪の状況下における風車へのアクセス性の向上に貢献できると考えています。

森氏 3月の風力発電展では、各分野の方とお話しする機会をいただき、一定の成果があったと思っています。今後、離岸距離が遠い「浮体式」洋上風車の登場が予想されるため、ヘリの利用に適する場面も多く出てくると思われます。

WIND EXPOでは多くのお客さまが、ヘリの有用性について興味を示していました。(詳細は『WINDJOURNAL』創刊号に掲載)

話を聞いた人

三井物産エアロスペース
ヘリコプター第一部第一室
室長 森達也氏

三井物産エアロスペース
ヘリコプター第一部第一室
池下涼星氏


取材・文:山村敬一

WIND JOURNAL vol.00(2021年夏号)より転載

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. 脱炭素化の鍵は浮体式洋上風力? 日揮や戸田建設など6社が、懇談会を発足...
  3. 洋上風力ラウンド1を徹底分析『WIND JOURNAL』vol.02 発行!
  4. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  5. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船
  6. 青森県沖の有望区域、ヴィーナ・エナジー、四電、東邦ガスが応札に向けタッグ...
  7. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  8. 洋上風力ラウンド1の“総取り”で、評価方法はどのように見直される?
  9. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  10. 洋上風力ラウンド1は価格の妥当性、事業実現性に課題。地域調整、産業化にも疑義あり...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正