注目キーワード

海外トレンド

静音で環境に優しく低コスト! 羽のない円筒状の風力発電機が登場 

スペインのスタートアップ企業が、羽のない円筒状の風力発電機を発明した。そのユニークな見た目で、どのように発電するのか。発電量はどれくらいなのか。詳細を見てみよう。

高さ2.75m・出力100Wの「ボルテックス」

「ボルテックス」は、スペインのスタートアップ企業ボルテックス・ブレードレスが開発する羽のない円筒状の風力発電機。丸みのある物体の周りを風が通過するときに生じる空気力学的現象「渦放出」を応用し、垂直に固定された細長い円筒が風を受けて振動すると、コイルと磁石からなる独自のオルタネーター(発電機)を介して電気を生成する仕組みとなっている。

「ボルテックス・タコマ」を設置した様子 ©Vortex Bladeless

小型「ボルテックス・ナノ」は高さ85cm

高さ2.75メートルの「ボルテックス・タコマ」の定格出力は100Wだ。軽量で運搬しやすく、設置する際に風向きを考慮する必要もない。既存の風力発電機に比べて運用やメンテナンスのコストが低いのも利点だ。また、騒音がほとんど発生せず、羽がないことから鳥類などの生態系への影響が抑えられ、環境にも優しい。ボルテックス・ブレードレスでは「ボルテックス」の量産に着手しており、今後、欧州を中心に世界で展開していく計画だ。

高さ85cmの小型「ボルテックス・ナノ」 ©Vortex Bladeless

DATA

問い合わせ先:Vortex Bladeless


文:松岡由希子

WIND JOURNAL vol.00(2021年夏号)より転載

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. 脱炭素化の鍵は浮体式洋上風力? 日揮や戸田建設など6社が、懇談会を発足...
  3. 洋上風力ラウンド1を徹底分析『WIND JOURNAL』vol.02 発行!
  4. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  5. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船
  6. 青森県沖の有望区域、ヴィーナ・エナジー、四電、東邦ガスが応札に向けタッグ...
  7. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  8. 洋上風力ラウンド1の“総取り”で、評価方法はどのように見直される?
  9. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  10. 【電材エンジニアリング】超大型風車の輸送・組み立て・据え付け・O&Mのワンストップ・サービス...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正