注目キーワード

国内事例

風車部材輸送車両の引き合い増加、独社製SPMT輸入・販売のコーレンス

1948年の設立以来、ヨーロッパのさまざまな生産設備や技術などを日本に輸入・販売するコーレンスが洋上風力向けに提供しているのが、独ショイエレ社製の自走式搬送車両(SPMT)だ。コーレンスの坂本真之介氏に聞いた。

――風力発電向けの商品・サービスは。
SPMT(自走式モジュラー・トランスポーター)です。風力の部材の輸送手段のためにSPMTを導入したいという声が少しずつ出てきました。

タイヤの1ラインを1軸、2軸と数え、6軸で最大約360トンまでの重量物を運ぶことができます。風力の部材だと、もう少し重たいものになってきますので、SPMTを縦横に連結させることにより、1000トン級以上の重量物の輸送が可能です。ヨーロッパでは実際にSPMTを使用して風力部材がハンドリングされています。


提供/独ショイエレ社

――日本の洋上風力向けには何軸が必要でしょうか。
搬送する風力のパーツの数やサイズ、港の状況によって、どれぐらいのトン数のものが必要になるかを見極め、それにより、どれぐらいの軸数が必要になってくるかが変わってきます。

――日本での販売戦略は。
重量物運搬またクレーン作業を行っている会社はもちろん、洋上風力は規模が大きいので、今まで重量物を運搬してこなかったような会社でも、SPMT導入に興味を持っていただいているところがあります。

このような会社の皆さまにご紹介しつつ、他でも、港湾内で荷役(荷揚げ・荷下ろし)に携わっている会社にも営業をかけていきたいと考えています。1社でも多く使ってもらえるようにアプローチするのが一つです。情報を逃がさず、常にアンテナを広げてプロモーションをかけていきたと考えています。


提供/独ショイエレ社

▼話を聞いた人

株式会社コーレンス
第一営業本部 第一部
坂本真之介氏

文/山村敬一

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. 脱炭素化の鍵は浮体式洋上風力? 日揮や戸田建設など6社が、懇談会を発足...
  3. 洋上風力ラウンド1を徹底分析『WIND JOURNAL』vol.02 発行!
  4. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  5. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船
  6. 青森県沖の有望区域、ヴィーナ・エナジー、四電、東邦ガスが応札に向けタッグ...
  7. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  8. 洋上風力ラウンド1の“総取り”で、評価方法はどのように見直される?
  9. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  10. 【電材エンジニアリング】超大型風車の輸送・組み立て・据え付け・O&Mのワンストップ・サービス...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正