注目キーワード

国内事例

宮城発エンジニア輸送船、CTVで洋上風力参入、7経営者が発起、みらい造船

未来の気仙沼・宮城・三陸を思い、立ち上がった経営者7人が発起人となって2015年に設立し、「100年続く会社」を目指し洋上風力発電業界への参入を決めたのが、みらい造船(宮城県気仙沼市)。木戸浦健歓(きどうら たけよし)社長に、同社の強みと事業戦略について聞いた。

――政府の「2050年カーボンニュートラル」宣言をどう受け止めていますか。
非常に追い風だと思っています。当社は「100年続く会社」を目指し、洋上風力業界のお仕事をしたいと考えています。100年後の健全な世界を作るために、当社は造船で貢献できると考え、洋上風力業界に参入したいと考えています。

――洋上風力発電事業にどのように関与する計画をお持ちですか。
(洋上風力向けに)船を作ることに、みらい造船として取り組みたいと考えています。

――強みは。
未来の気仙沼・宮城・三陸を思い、立ち上がった経営者7人が発起人として設立したのがみらい造船です。旧・木戸浦造船、旧・吉田造船鉄工所、旧・澤田造船所、旧・小鯖造船鉄工所、旧・ケーヤード、旧・石川電装、旧・小野寺鉄工所が長年にわたり培ってきた実績と知見、そして信頼を結集したことが最大の強みです。

――どのようなタイプの船を建造する計画でしょうか。
まずは、エンジニアを洋上風車まで輸送する小型のCTV(クルー・トランスファー・ヴェッセル)の技術を蓄積し、最終的にはSOVにつなげたいと思っています。

▼話を聞いた人

株式会社みらい造船
代表取締役社長
木戸浦 健歓(きどうら たけよし)氏


取材・文/山村敬一

関連記事

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 三菱商事系コンソ ラウンド1事業の実施体制固まる
  2. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  3. 洋上風力発電の落札制限 現時点ではラウンド2のみ
  4. 2022年度の促進区域、新たに3海域を指定へ。ラウンド2・3は合同で実施か
  5. 風力発電用吊り治具で工数低減!リフティング作業の名機「アクシオン」...
  6. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  7. カギを握る“地域共生”『WIND JOURNAL』vol.03 8/31発行!
  8. アルバトロス・テクノロジー 低コスト浮体式洋上風車の海上実験開始へ
  9. 丸紅 秋田洋上風力発電の設置大詰め 年内に商業運転へ
  10. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2022/8/31発行

お詫びと訂正