注目キーワード

国内事例

宮城発エンジニア輸送船、CTVで洋上風力参入、7経営者が発起、みらい造船

未来の気仙沼・宮城・三陸を思い、立ち上がった経営者7人が発起人となって2015年に設立し、「100年続く会社」を目指し洋上風力発電業界への参入を決めたのが、みらい造船(宮城県気仙沼市)。木戸浦健歓(きどうら たけよし)社長に、同社の強みと事業戦略について聞いた。

――政府の「2050年カーボンニュートラル」宣言をどう受け止めていますか。
非常に追い風だと思っています。当社は「100年続く会社」を目指し、洋上風力業界のお仕事をしたいと考えています。100年後の健全な世界を作るために、当社は造船で貢献できると考え、洋上風力業界に参入したいと考えています。

――洋上風力発電事業にどのように関与する計画をお持ちですか。
(洋上風力向けに)船を作ることに、みらい造船として取り組みたいと考えています。

――強みは。
未来の気仙沼・宮城・三陸を思い、立ち上がった経営者7人が発起人として設立したのがみらい造船です。旧・木戸浦造船、旧・吉田造船鉄工所、旧・澤田造船所、旧・小鯖造船鉄工所、旧・ケーヤード、旧・石川電装、旧・小野寺鉄工所が長年にわたり培ってきた実績と知見、そして信頼を結集したことが最大の強みです。

――どのようなタイプの船を建造する計画でしょうか。
まずは、エンジニアを洋上風車まで輸送する小型のCTV(クルー・トランスファー・ヴェッセル)の技術を蓄積し、最終的にはSOVにつなげたいと思っています。

▼話を聞いた人

株式会社みらい造船
代表取締役社長
木戸浦 健歓(きどうら たけよし)氏


取材・文/山村敬一

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.1 | ¥0
2021/9/29発行

お詫びと訂正

アクセスランキング

  1. 【商船三井】洋上風力バリューチェーンへの貢献目指す
  2. 【東京汽船】洋上風力の発展へ一翼担うCTVのパイオニア企業
  3. ダイヘン、風力発電をはじめとする再エネ活用拡大に貢献
  4. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  5. 日本初!風力発電の最前線マガジン『WIND JOURNAL』9/29(水)創刊
  6. 【九電みらいエナジー】響灘洋上ウインドファーム進捗順調、22年度着工へ...
  7. 洋上風力建設に欠かせない大型クレーンで市場を牽引。[Huisman]
  8. 「夜明け前」の洋上風力。参入プレーヤーが劇的増加、「5兆円マーケット」を見越し...
  9. 洋上風力の「一大拠点」目指す室蘭 地元の特性生かし地域の活性化へ
  10. 洋上風力、毎年1~2件受注目指す、日揮

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.1 | ¥0
2021/9/29発行

お詫びと訂正