注目キーワード

業界トピック

気象・海象予測情報のプラットフォームを新たに提供[日本気象]

1985年の設立以来、天気予報や気象調査で国内をリードしてきた日本気象。風力発電が進む欧州の技術やノウハウをいち早く取り入れ、日本固有の気象条件に適応させた最先端のサービスを提供している。同社環境・エネルギー部部長の高祖研一氏に話を聞いた。

欧州の技術を導入
風力発電向け気象関連サービス

――サービスの特徴は。
私たち日本気象株式会社は、民間の気象会社であり、1985年に設立以降、天気予報や気象調査を行っています。15年ほど前から風力発電向けの陸上の風況調査を行うようになり、少しずつ高度化してきました。

具体的には、風力発電の分野で先行している欧州の再生可能エネルギーコンサルティング会社と提携し、ドップラーライダー(※注)を用いた調査手法を研究し、日本で展開してきました。現在では、風況調査だけではなく、洋上風力の立地調査や海象調査なども行っており、風力発電事業者より多くの支持をいただいています。

(※注)風によって運ばれる空中の粒子(エアロゾル)を、空中に光を発し、その反射によって測定する機器。

――強みは。
風力発電の技術コンサルタントとして、様々なプロジェクトにサービスを提供してきた実績から、日本国内の海域の特性や地域の実情を踏まえた上で、プロジェクトごとに最適なサービスを提供できることです。

日本では、洋上風力発電所の開発にあたって、漁業関係者への配慮が非常に重要です。また、海象条件も複雑であり、台風や乱流などの気象条件にも対応しなければなりません。

そのためにも技術・ノウハウが必要となりますが、弊社では、数キロ先の風を水平方向にスキャニングできるドップラーライダーなど最先端技術を用いたサービスを、国内環境に合わせた手法を用いて提供しています。


水平照射可能なレーザーを用いて、遠隔地の風の計測が可能なドップラーライダー「Stream Line」の測定範囲(出典:日本気象)

――今後展開するサービスは。
2021年8月に、洋上風力発電事業をサポートする気象・海象予測情報のプラットフォーム「MetOcean Navi(メットオーシャンナビ)」をリリースしました。

船を出したい風力発電事業者などから、洋上風力発電所の設置海域で予想される、波高、うねりなどの海象予測、および接近する台風情報や、風・雷・気圧などの気象予測に関する情報を知りたい、というニーズを受けて開発したものです。

今後も、風力発電事業者が求めるサービスを提供していきたいと考えています。


「MetOcean Navi」(出典:日本気象)

 

話を聞いた人

日本気象株式会社
環境・エネルギー部 部長
高祖研一氏


文:前川正一郎

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. 脱炭素化の鍵は浮体式洋上風力? 日揮や戸田建設など6社が、懇談会を発足...
  3. 洋上風力ラウンド1を徹底分析『WIND JOURNAL』vol.02 発行!
  4. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  5. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船
  6. 青森県沖の有望区域、ヴィーナ・エナジー、四電、東邦ガスが応札に向けタッグ...
  7. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  8. 洋上風力ラウンド1の“総取り”で、評価方法はどのように見直される?
  9. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  10. 洋上風力ラウンド1は価格の妥当性、事業実現性に課題。地域調整、産業化にも疑義あり...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正