注目キーワード

English 日本語

海外トレンド

洋上風力の電力は海底に貯める。揚水発電の仕組みを応用した蓄電システムが登場!

海外の次世代風力トピックを紹介する”WORLD WIND NEWS”。世界では画期的なソリューションが開発されている。太陽光発電でも耳にすることが多くなった「蓄電」が、洋上風力発電でも登場した。

from Netherlands
「オーシャン・バッテリー」


洋上風力発電所の海底に「オーシャン・バッテリー」を設置した様子(イメージ)。

オランダのフローニンゲン大学から独立したスタートアップ企業のオーシャン・グレーザーは、揚水発電の仕組みを応用した洋上風力発電所向けの電力貯蔵システムソリューション「オーシャン・バッテリー」を開発した。洋上風力発電所の近くの海底に設置されるバッテリーは、海底下に埋められた貯水槽から海底の浮袋へと水を汲み上げることで蓄電する仕組み。電力が必要になると、伸縮性のある浮袋の中の水が解放され、水力タービンを通じて貯水槽へと戻されることで発電し、電力を供給する。

メンテナンスはほぼ必要なく、数十年にわたって利用できる。レアアースを使わないため環境にやさしく、海洋生態系に影響を及ぼすこともない。2022年1月にはハイテク技術分野の国際見本市「CES」で「イノベーションアワード」を受賞し、世界的な注目を集めている。

DATA

オーシャン・グレーザー

©Ocean Grazer


文:松岡由希子

WIND JOURNAL vol.2(2022年春号)より転載

関連記事

鰺ヶ沢町沖
WIND_bizforum
内閣府

アクセスランキング

  1. 【第3ラウンド最新動向】洋上風力第3ラウンドは少数激戦に ~ 青森沖と山形沖の行方 ~...
  2. 陸上風力発電の設置規制法が可決、成立「自衛隊レーダーへの影響を防止」...
  3. 【第2ラウンド深堀り解説①】第2ラウンド4海域 それぞれ別々の企業連合が選定事業者に...
  4. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...
  5. 【第3ラウンド 深堀り解説】産業育成・振興のカギ握る 価格調整条項
  6. 浮体式洋上風力トップ3社に聞く、日本が直面する課題と突破口
  7. 【第2ラウンド深堀り解説②】ゼロプレミアムの波紋、4海域は大手企業連合が選定事業者に...
  8. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  9. 洋上風力「第1ラウンド」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  10. 洋上風力第3ラウンドの建設拠点 青森港、酒田港が基地港湾に指定

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.06 | ¥0
2024/2/28発行

お詫びと訂正