注目キーワード

English 日本語

政策・制度

洋上風力第3ラウンドの建設拠点 青森港、酒田港が基地港湾に指定

国土交通省は4月26日、洋上風力発電の建設拠点となる基地港湾について、新たに青森港と酒田港(山形県)を基地港湾に指定した。これで基地港湾は7港となった。

洋上風力の基地港湾
これまでに5港が指定

能代港の埠頭

基地港湾に指定され整備が進む能代港(秋田県能代市)

基地港湾は、洋上風力発電の風車建設の建設拠点となる。これまでに、秋田港、能代港(秋田県)、新潟港、鹿島港(茨城県)、北九州港(福岡県)の5つの港が指定されている。

基地港湾を構成する施設の規模及び配置のイメージとして、国土交通省は、(1) 現在、欧州等において洋上風力発電設備部材の輸送に利用されている貨物船(30,000DWT級)やSEP船に対応可能な岸壁諸元が必要(水深12m、延長230m程度)、(2) 15MW級の洋上風力発電設備のプレアッセンブリに対応するためには、砕石等による荷重分散など施工上さまざまな工夫を行ったうえで、約35t/m2の地耐力が必要、(3)用地面積については、 27.5~32.0ha程度あれば、部材の仮置きを含め海上工事の円滑な実施が可能、以上の3点を掲げている。

第3ラウンド
青森沖、山形沖の拠点港に

青森港

新たに基地港湾に指定される青森港(青森市)

青森市の青森港は、洋上風力第3ラウンドで事業者を公募している青森県日本海南側の建設期間の拠点港湾となることが想定されている。このほかにも、青森県日本海北側が2020年7月に「有望な区域」整理に整理され、青森県陸奥湾も2020年7月に「一定の準備段階に進んでいる区域」に整理されている。

酒田港

新たに基地港湾に指定される酒田港(山形県酒田市)

山形県の酒田港は、同じく洋上風力第3ラウンドで事業者を公募している山形県遊佐町沖の建設期間の拠点港湾となることが想定されている。このほかにも、山形県酒田市沖が2023年10月に「有望な区域」に整理されている。

国交省の交通政策審議会港湾分科会は4月8日、第28回洋上風力促進小委員会を開催した。会議では、青森港と酒田港の基地港湾指定について議論した。国交省から青森港と酒田港の港湾計画や、基地港湾の指定に関する規準と適合していることについての説明があった。委員から異論は出されず、基地港湾指定の手続きを進めることを了承していた。

DATA

青森港、酒田港を基地港湾に指定<


取材・文/高橋健一

関連記事

経済産業省
経済産業省
経済産業省
山形県遊佐町沖

アクセスランキング

  1. 【第3ラウンド最新動向】洋上風力第3ラウンドは少数激戦に ~ 青森沖と山形沖の行方 ~...
  2. 陸上風力発電の設置規制法が可決、成立「自衛隊レーダーへの影響を防止」...
  3. 【第2ラウンド深堀り解説①】第2ラウンド4海域 それぞれ別々の企業連合が選定事業者に...
  4. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...
  5. 【第3ラウンド 深堀り解説】産業育成・振興のカギ握る 価格調整条項
  6. 浮体式洋上風力トップ3社に聞く、日本が直面する課題と突破口
  7. 【第2ラウンド深堀り解説②】ゼロプレミアムの波紋、4海域は大手企業連合が選定事業者に...
  8. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  9. 洋上風力「第1ラウンド」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  10. 洋上風力第3ラウンドの建設拠点 青森港、酒田港が基地港湾に指定

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.06 | ¥0
2024/2/28発行

お詫びと訂正