注目キーワード

業界トピック

洋上風力発電の開発を日本の海の再生につなげたい。[渋谷潜水工業]

長崎県における浮体式洋上風力発電の実証実験に関わった渋谷潜水工業。海中工事専門会社である同社の代表取締役社長である渋谷正信氏に、漁業協調モデルの推進に対する思いを聞いた。

東京湾アクアラインで
環境との両立実現を確信

海中工事専門会社として40年以上の歴史を誇る渋谷潜水工業は、水中での溶接やコンクリートの打設などを手掛け、国内で数々の海洋ビッグプロジェクトに携わってきた。

しかし、例えば港を作る際、防波堤をダイナマイトで撤去して磯を傷つけてしまうことがある。磯は海藻が多く、生態系の維持において重要な場所だ。同社の渋谷正信社長はかつて、自分の仕事が海の環境破壊につながっていることに心を痛めていた。

渋谷社長の価値観を一変させたのは、東京湾アクアラインの建設だ。「風の塔」の水中部は鋼管のジャケット構造になっており、そこにクロダイやメバルなどの魚が群れになっていた。そこで「海中の構造物と海の環境が両立する」(渋谷社長)と考えた。

その後、長崎県五島市の浮体式洋上風力発電の実証実験に関わることになり、洋上風力発電を使った漁業協調モデルを推し進めるべく、一般社団法人海洋エネルギー漁業共生センターを設立した。洋上風力発電で先行するオランダでも魚群を確認していたことから、日本でもそれが実現できると確信したのだ。

日本の海は今、磯焼けが進み漁獲量が激減、30年前の3分の1になっている。漁業では稼ぎにくくなり、後継者不足も深刻だ。だが、「洋上風力発電をうまく使えば日本の海を復活できる」。渋谷社長はそう信じて、己の道を突き進んでいる。

話を聞いた人

株式会社渋谷潜水工業
代表取締役社長
渋谷正信氏

関連記事

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.1 | ¥0
2021/9/29発行

お詫びと訂正

アクセスランキング

  1. 【商船三井】洋上風力バリューチェーンへの貢献目指す
  2. 【東京汽船】洋上風力の発展へ一翼担うCTVのパイオニア企業
  3. ダイヘン、風力発電をはじめとする再エネ活用拡大に貢献
  4. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  5. 日本初!風力発電の最前線マガジン『WIND JOURNAL』9/29(水)創刊
  6. 【九電みらいエナジー】響灘洋上ウインドファーム進捗順調、22年度着工へ...
  7. 洋上風力建設に欠かせない大型クレーンで市場を牽引。[Huisman]
  8. 「夜明け前」の洋上風力。参入プレーヤーが劇的増加、「5兆円マーケット」を見越し...
  9. 洋上風力の「一大拠点」目指す室蘭 地元の特性生かし地域の活性化へ
  10. 洋上風力、毎年1~2件受注目指す、日揮

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.1 | ¥0
2021/9/29発行

お詫びと訂正