注目キーワード

業界トピック

風力発電を雷サージの被害から守るには? 電源用SPDで電気系統への侵入を防げ

安全に風力発電事業を営むうえで欠かせないのが、雷サージへの対策だ。雷サージは、一瞬にして電気系統や通信線を破壊してしまう。雷サージ対策に役立つ「電源用SPD」の有効性を説く。

陸上風力発電でも雷対策は必須
電気系統を破壊する雷サージ

洋上風力発電はもちろん、山頂付近などに設置されることのある陸上風力発電でも、雷対策は不可欠だ。風力発電は、地面から上部のナセルに至るまで、上下方向にケーブルが敷設される。そのため、制御回路などに雷の被害を受けやすい構造だとされる。

特に、雷による一時的な過電流・過電圧である「雷サージ」は、電気系統に侵入し、設備を破壊する恐れがある。雷サージによる被害を防ぐには、電源線や通信線といった侵入ルートに応じた適切な対策を施す必要がある。

電源線から侵入する雷サージへの対策として挙げられるのが、電源用SPDだ。SPDとは「サージ防護デバイス(Surge Protective Device)」の略。雷サージを安全に放出することで、過電圧・過電流による被害を防ぐ。「避雷器」と呼ばれることもあり、発電設備はもとより、さまざまな建物や電柱などでも活用されている。

電源用SPDで雷サージ対策
万全の安全策で機会損失を回避

1965年に設立された電子機器メーカーである昭電は、風力発電向け電源用SPDを開発している。同社が2020年4月から販売している「AFD-Sシリーズ」は、電源用SPDの最上位モデルだ。

「AFD-Sシリーズ」は、電源用SPDの試験規格JIS C 5381-11に対応し、故障表示や警報接点出力機能を備えている。また、SPD分離器(電流ヒューズ)を内蔵したことで、省スペース化と施工性の向上を両立した。

さらに、同シリーズには、雷によって電源用SPDが故障しても、SPDを電源回路から安全に切り離すことができる「安全遮断技術SITS」が採用されている。これによって、SPDが故障した際の発火の危険性を排除することができたという。

風力発電設備でトラブルが発生すると、修理や交換のために多額のコストが必要になる。高所作業が必要なケースなどでは、なおさらだろう。発電を止めることによる機会損失を避けるためにも、電源用SPDなどの雷サージ対策は万全にしておくのが得策だ。

DATA

株式会社昭電:電源用SPD(避雷器)AFD-Sシリーズ


文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船
  3. 遊佐沖の洋上風力、次々に行われる環境アセスメント。最大のテーマは地域共生か...
  4. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  5. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  6. 洋上風力ラウンド1を徹底分析『WIND JOURNAL』vol.02 発行!
  7. 【東京汽船】洋上風力の発展へ一翼担うCTVのパイオニア企業
  8. 風力発電専門のトレーニング施設、福島県に開校。風車のO&Mをワンストップで...
  9. 洋上風力の人材育成が急務。作業員の安全を守るには専門の訓練機関が欠かせない...
  10. 洋上風力ラウンド1は価格の妥当性、事業実現性に課題。地域調整、産業化にも疑義あり...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正