注目キーワード

English 日本語

業界トピック

【第4回 EXECUTIVE INTERVIEW】風力新時代を双肩に担う トップ企業が抱える困難な課題とは? 伊藤忠丸紅鉄鋼編

2030年の再エネ⽐率⽬標達成には、まだまだ課題が山積みだ。それら課題を解決するために、エグゼクティブ達は何を考えるのか。「伊藤忠丸紅鉄鋼」のソリューションについて聞く。

大規模生産能力の活用による
コストダウンの実現へ

当社では洋上風力の基礎部分、いわゆる鋼構造物のモノパイル、トランジションピース、ジャケット、浮体式基礎と呼ばれるパッケージに取り組んでいます。日本において様々な案件の検討が行われておりますが、洋上風力の本格化にはまだ時間がかかる状況です。一方、海外においては洋上風力の導入が大規模に進んでおり、短期間で風車・基礎が巨大化する傾向にあります。どのように設備投資・サプライチェーンを構築していくかの判断が非常に難しい実態が有る中で、当社としましては日本の鉄鋼商社として、予てより協業している中国のパートナーと共にサプライチェーンを組み、機能を発揮して参りたいと考えております。

洋上風力発電は新しい産業ですが、電力料金への賦課を抑える為、コストダウンが避けて通れない課題となっています。中国は洋上風力の先進国で、サプライチェーン・インフラが整備されているのみならず、需要に応じてアップグレードされており、コスト競争力は際立っています。ポリティカルリスクはあるものの、洋上風力関連設備の大規模導入には欠かせない供給元であり、当社としてはいずれ実現する量産案件に向け準備を進めております。 

伊藤忠丸紅鉄鋼
鋼材第一本部
厚板・条鋼部(新エネルギープロジェクトグループリーダー)

村中 就矢 氏


関連記事

アクセスランキング

  1. 福島県沖のEEZを含む洋上風力発電調査事業 三菱総研が委託契約候補者に
  2. 洋上風力第3ラウンドの建設拠点 青森港、酒田港が4月中に基地港湾に指定へ...
  3. 【第2ラウンド深堀り解説①】第2ラウンド4海域 それぞれ別々の企業連合が選定事業者に...
  4. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...
  5. 「風の宝庫」 北海道 再エネ関連産業の集積を目指して
  6. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  7. 【第2ラウンド深堀り解説②】ゼロプレミアムの波紋、4海域は大手企業連合が選定事業者に...
  8. 洋上風力第2ラウンド 秋田県八峰町、能代市沖 、JRE、東北電力連合が選定事業者に...
  9. 洋上風力「第1ラウンド」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  10. 秋田県八峰町、能代市沖 建設期間に秋田港と室蘭港を活用、清水建設が施工...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.06 | ¥0
2024/2/28発行

お詫びと訂正