注目キーワード

English 日本語

政策・制度

山形県遊佐町沖 町役場がフォトモンタージュを作成

山形県遊佐町沖が再エネ海域利用法に基づく促進区域に指定されたことをうけて、洋上風車が建設された際の景観を具体的にイメージできるように同町が仮想的な画像を作製し、町のホームページで公開している。

(アイキャッチ画像 出典:遊佐町役場)

洋上風車を
より具体的にイメージ

山形県遊佐町沖

山形県遊佐町沖のフォトモンタージュ(出典 遊佐町役場)

山形県北部の遊佐町は、秋田県と接する人口約1万2000人の町。経済産業省と国土交通省は今年10月、遊佐町沖を再エネ海域利用法に基づく促進区域に指定した。指定されたのは、海岸線からおよそ5kmまでの距離の4100ha余りの海域。

遊佐町は、洋上風車が建設された際の景観を具体的にイメージできるよう、町内4ヶ所の地点からの仮想的な画像(フォトモンタージュ)を作製した。町のホームページで公開している。仮想的な画像は、発電出力を45万kWと想定し、1万5000kW級の風車を30基設置している。海岸からの距離を1マイル(1852m)確保したうえで、10基の風車を3列に配置している。

実際の風車の規模や配置計画は、開発事業者が水深・海底地形・地質などを考慮して最終判断する。本図はあくまで、事業想定区域内において機械的に風車を配置したイメージ図であり、実際の計画を示すものではないとしている。遊佐町地域生活課は「町民のみなさんに、洋上に設置した際のイメージをより具体的に感じ取っていただくために作成した」と説明している。

DATA

山形県遊佐町沖洋上風力発電事業に関する景観イメージを作製しました


取材・文/高橋健一

アクセスランキング

  1. 日本風力発電協会 新代表理事にJREの安茂氏が就任
  2. 【第3ラウンドの最新動向】 青森県日本海南側、8事業体が環境アセス実施 建設拠点は青森港...
  3. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  4. 秋田市南部沖、2033年度までの着工目指す 浮体式導入も検討
  5. 洋上風力第3ラウンド、2海域で公募開始へ 事業者選定の評価基準が焦点
  6. 洋上風力発電設備、EEZ内設置について意見募集 22日締め切り
  7. 【 参加無料 】4/11 WINDビジネスフォーラム ~ ラウンドの最新動向と最先端テクノロジー ~...
  8. 洋上風力第2ラウンド 、3海域の選定事業者を公表 能代市北部沖は先送り
  9. 洋上風力「第1ラウンド」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  10. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.05 | ¥0
2023/9/13発行

お詫びと訂正