注目キーワード

最新記事

青森県沖の洋上風力発電事業の応札を目指し、新たなコンソーシアムが生まれた。アジア最大級の独立系再エネ発電事業者、ヴィーナ・エナジーと四国電力、東邦ガスによるものだ。青森県沖日本海(南側)は、再エネ海域利用法の有望な区域とされている。

青森県沖の有望区域、ヴィーナ・エナジー、四電、東邦ガスが応札に向けタッグ

洋上風力ラウンド1の“総取り”で、評価方法はどのように見直される?

日本海側は世界有数の雷多発エリア! 落雷抑制の重要性を専門家に訊く

べスタス、業界最先端の風車で日本のカーボンニュートラルに貢献

【自営線構築&輸送ルートコンサル】NTTグループのノウハウで風力発電事業をサポート

風力発電大国のイギリスで世界最大の洋上風力発電が稼働!

世界各地で咲き誇る!? ポップなチューリップ型の風力発電

<WIND EXPO春 現地レポート>日揮、商船三井など、気になるブースを一挙紹介!

日本風力発電協会、情報開示と評価比重の見直しを提言。洋上風力ラウンド1を受けて

三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?

発電コスト10円/kWhを目指して「次世代浮体式洋上風力発電システム」を開発

風さえ吹けば、いつでもどこでも使える! 持ち運べるパワフルな風力発電機

【 終了 】第1回 WINDビジネスフォーラム 参加無料

洋上風力の電力は海底に貯める。揚水発電の仕組みを応用した蓄電システムが登場!

ベクトルリニューアブルズジャパンが洋上風力の専門チームを確立! 開発前から事業をサポート

洋上風力ラウンド1は価格の妥当性、事業実現性に課題。地域調整、産業化にも疑義あり

>>もっと見る

PICK UP!

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. 脱炭素化の鍵は浮体式洋上風力? 日揮や戸田建設など6社が、懇談会を発足...
  3. 洋上風力ラウンド1を徹底分析『WIND JOURNAL』vol.02 発行!
  4. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  5. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船
  6. 青森県沖の有望区域、ヴィーナ・エナジー、四電、東邦ガスが応札に向けタッグ...
  7. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  8. 洋上風力ラウンド1の“総取り”で、評価方法はどのように見直される?
  9. ドイツの陸上風車メーカーが日本で初の販売契約、ベンシス・エナジー
  10. 洋上風力ラウンド1は価格の妥当性、事業実現性に課題。地域調整、産業化にも疑義あり...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正