注目キーワード

業界トピック

陸上風力のコンクリート基礎づくりを効率化するシステム型枠[ペリー・ジャパン]

型枠・支保工・足場などの建築資材を提供するペリー・ジャパン。同社製品のラインナップには、陸上風力の基礎づくりを効率化できるシステム型枠がある。北海道の案件において採用されたという、その製品の特徴とは?

一人で運べる軽量さ
工具不要のシステム型枠

1969年にドイツで創業されたPERI(ペリー)は、世界61ヶ国に支社を構え、システム型枠や足場などの建築資材を製造・レンタル・販売している。2006年には日本法人としてペリー・ジャパンを設立し、現在は茨城県に敷地面積30,000㎡の製品倉庫を保有する。

風力発電分野における事例では、システム型枠「DUO」が、北海道道北地域における地上設置型風力発電タワーの基礎構築に使用された。施工会社にシステムを提供し、基礎部分が施工されている。

ペリーのドイツ本社とイタリアのポリテック社が共同開発したDUOは、コンクリートを囲む面板とフレームが一体となったパネルタイプの型枠だ。合成樹脂製のパネルは1枚あたり25kg程度と、作業員一人で持ち運びできる軽さに仕上げられている。工具を用いず、専用のカプラーでパネル同士を組み付け可能で、直観的に理解できる簡便な方法でパネルを割り付けられる。建込要領も2~3時間で習得でき、施工性にすぐれる。

組み上げられた鉄筋の周りをDUOで囲み、コンクリートを流し込む。流し込んだコンクリートが堰き止められたのち滞留し、固まったら基礎の完成だ。

ペリー・ジャパンは、DUOと同じく北海道の陸上風力で採用された鋼製フレームタイプのシステム型枠「TRIO」など、陸上風力その他のコンクリート打設に関するソリューションを提供している。

関連記事

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  2. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船
  3. 遊佐沖の洋上風力、次々に行われる環境アセスメント。最大のテーマは地域共生か...
  4. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  5. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  6. 洋上風力ラウンド1を徹底分析『WIND JOURNAL』vol.02 発行!
  7. 【東京汽船】洋上風力の発展へ一翼担うCTVのパイオニア企業
  8. 風力発電専門のトレーニング施設、福島県に開校。風車のO&Mをワンストップで...
  9. 洋上風力の人材育成が急務。作業員の安全を守るには専門の訓練機関が欠かせない...
  10. 洋上風力ラウンド1は価格の妥当性、事業実現性に課題。地域調整、産業化にも疑義あり...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.02 | ¥0
2022/3/16発行

お詫びと訂正