注目キーワード

海外トレンド

世界各地で咲き誇る!? ポップなチューリップ型の風力発電

海外の次世代風力トピックを紹介する“WORLD WIND NEWS”。風力発電といって思い浮かべるのは、どんなデザインだろうか。今回ご紹介するのは、カラフルでポップなチューリップ型の風力発電だ。

カラフルな「ウインドチューリップ」は欧州を中心に導入が広がっている。建物だけでなく船舶などへも搭載でき、可能性が広がる。 ©Flower Turbines

野生生物の衝突や
音の問題もクリア

フラワータービンは、オランダとアメリカを拠点とする風力発電のスタートアップ企業。チューリップの形をしたカラフルな小型風力タービン「ウインドチューリップ」を開発している。一般的な陸上風力タービンの羽(ブレード)は直径数10mだが、垂直軸型のウインドチューリップは高さ1〜6mとはるかにコンパクトだ。ラインナップは1・3・6mで、主力の3mモデルは定格出力500W、重量300kg。建物の屋上などに設置しやすくすることで風力発電の自家消費を促す。

かわいらしいデザインだが、機能も優れている。低周波数により騒音を抑え、鳥などの衝突(バードストライク)が起きにくい形状になっているのだ。風力発電が抱える課題を軽快に乗り越え、自立したエネルギーのあり方を目指すフラワータービンの“チューリップ”が世界各地で咲き誇る。

DATA

フラワータービン


文:山下幸恵(office SOTO)

WIND JOURNAL vol.2(2022年春号)より転載

関連記事

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 2022年度の促進区域、新たに3海域を指定へ。ラウンド2・3は合同で実施か
  2. カギを握る“地域共生”『WIND JOURNAL』vol.03 8/31発行!
  3. 発電を止めない! ナブテスコの“クラウド型”状態監視
  4. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  5. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  6. 世界で注目! 洋上風力発電における「アラミド繊維」の可能性
  7. 洋上風力「促進区域」の8市町が協議会、「漁業との共生」や雇用・地域経済発展に期待...
  8. 三菱商事チームの3海域総取りで激震! 「洋上風力ラウンド1」とは何だったのか?...
  9. 日本を“第2の本拠地”へ。Xodusの洋上風力コンサルが日本の浮体式を成功に導く...
  10. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2022/8/31発行

お詫びと訂正