注目キーワード

English 日本語

業界トピック

北海道の岩田地崎建設、SEP船を共同保有 関連工事の受注拡大目指す

北海道のゼネコンの岩田地崎建設が、洋上風力発電設備の建設に使うSEP船を共同保有する新会社に出資参画した。風力発電のポテンシャルが高い北海道沖での関連事業の受注拡大を目指している。

(アイキャッチ画像 出典:岩田地崎建設)

国内6社が
保有会社を設立

今年5月に有望な区域に整理された北海道石狩市沖

今年5月に有望な区域に整理された北海道石狩市沖

新会社を設立したのは、戸田建設、熊谷組、西松建設、若築建設、吉田組、岩田地崎建設の6社。6社は10月3日、SEP船についてTERAS SUNRISE(シンガポール)と調達契約を結んだと発表した。調達契約の締結に先立ち、6社は洋上風力施工船舶の保有などを目的とする新会社「Jack-up Wind Farm Construction」を設立した。

共同保有するSEP船は、TERAS SUNRISEから調達した中古のSEP船を改修し、1,300t吊のクレーンを取り付ける。今後日本に導入される1万5000kW級の大型洋上風車の建設に対応可能。搭載するレグ長を活かし、稼働水深最大60m程度まで対応できる。2025年3月にクレーン搭載工事を完了させたあと、日本にえい航し、同年9月に供用開始する予定。

札幌市に本社がある岩田地崎建設は、北海道最大手のゼネコン。今年12月に運転開始を予定している石狩湾新港沖の洋上風力発電事業の蓄電池基礎工事や、小規模な陸上風車の設置工事を手がけたことがある。同社は、SEP船の共同保有をきっかけに、北海道沖の建設工事の受注や、陸上工事などの関連事業の受注拡大を目指す方針。北海道沖では、今年5月に再エネ海域利用法に基づく「有望な区域」に5つの海域が整理され、今後、洋上風力発電事業が本格化するとみられている。

ゼネコンとマリコンの
技術力・知見を融合

共同保有会社の幹事会社である戸田建設は、「地球規模の気候変動対応が重要課題との認識のもと、再生可能エネルギーの中でも市場規模の拡大が見込まれる洋上風力発電設備の建設工事を担うために新会社を設立した。ゼネコンとマリコンの技術力・知見を融合し洋上風力市場への取り組みを推進します」とコメントしている。

DATA

15MW級超の大型洋上風力発電設備に対応可能な自己昇降式作業台船(SEP:Self-Elevating Platform)共同保有へ


取材・文/高橋健一

関連記事

石狩湾新港沖のSEP船
石狩湾新港
WIND_bizforum
洋上風車の設置工事

アクセスランキング

  1. 【第3ラウンド最新動向】洋上風力第3ラウンドは少数激戦に ~ 青森沖と山形沖の行方 ~...
  2. 陸上風力発電の設置規制法が可決、成立「自衛隊レーダーへの影響を防止」...
  3. 【第2ラウンド深堀り解説①】第2ラウンド4海域 それぞれ別々の企業連合が選定事業者に...
  4. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...
  5. 【第3ラウンド 深堀り解説】産業育成・振興のカギ握る 価格調整条項
  6. 浮体式洋上風力トップ3社に聞く、日本が直面する課題と突破口
  7. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  8. 【第2ラウンド深堀り解説②】ゼロプレミアムの波紋、4海域は大手企業連合が選定事業者に...
  9. 洋上風力「第1ラウンド」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  10. 洋上風力第3ラウンドの建設拠点 青森港、酒田港が基地港湾に指定

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.06 | ¥0
2024/2/28発行

お詫びと訂正