注目キーワード

English 日本語

政策・制度

洋上風力第2ラウンド ”秋田県男鹿市、潟上市、秋田市沖” 漁業影響調査「来年4月の開始を目指す」

洋上風力第2ラウンド「秋田県男鹿市、潟上市、秋田市沖」の漁業影響調査検討委員会の初会合が6月17日に開催された。漁業影響調査を来年4月に開始し、運転開始前後の最低6年間にわたって実施するスケジュール案が示された。

漁業影響調査の
スケジュール案を公表

秋田県男鹿市 潟上市 秋田市沖 漁業影響調査-min

漁業影響調査 関係漁業者の範囲(出典 秋田県)

「秋田県男鹿市、潟上市、秋田市沖」の漁業影響調査検討委員会は、選定事業者の男鹿・潟上・秋田Offshore Green Energy合同会社と秋田県が共同で設置した。検討委員会は、漁業関係者や自治体関係者などで構成する。関係漁業者は、海側が秋田県漁業協同組合、内水面は雄物川流域や馬場目川流域、八郎湖の合わせて14の漁業協働組合。6月17日の初会合では、発電事業者が事業計画の概要を説明したあと、漁業影響調査のスケジュール案を示した。

発電事業者は、今後、漁業関係者との個別協議や検討委員会での意見交換などを経て、来年4月に漁業影響調査の開始を目指す方針を明らかにした。そのうえで、建設前の2年間と、建設中の1年間、建設後の最低3年間にわたって調査を実施する意向を示した。発電事業者は、年内をめどに調査計画の承認を目指す。

ラウンド事業で最も早い
2028年6月の運転開始を目指す

特別目的会社の紹介(出典 男鹿・潟上・秋田Offshore Green Energy合同会社)

「秋田県男鹿市、潟上市、秋田市沖」は、JERA、電源開発、伊藤忠商事、東北電力の4社で構成する「男鹿・潟上・秋田Offshore Green Energy 合同会社」が選定事業者になっている。代表企業はJERA。

事業計画によると、発電設備は着床式。発電設備出は31.5万kW (1.5万kW×21基、Vestas製)。運転開始予定時期は、ラウンド事業のなかで最も早い2028年6月。対象海域は5315.3ha。供給価格は、ゼロプレミアムの3円/kWh。

伊藤忠商事が持つ
広範な販売網を活用

事業計画の概要(出典 男鹿・潟上・秋田Offshore Green Energy合同会社)

男鹿・潟上・秋田Offshore Green Energy 合同会社は、地域資源たる風・海の恩恵をもとに、県内企業と稼ぐ産業基盤を共創し、持続可能な地域社会を実現したいとしている。具体的には、事業主体の伊藤忠商事が持つ広範な販売網を活用し、県内企業と共同拡販を実施するほか、地魚や農産品などの県産品を県外・海外で販売する能力を持つ「秋田商人」をともに育むなど、秋田県がより稼ぐ世界の創出を目指す考えを明らかにしている。

「秋田県男鹿市、潟上市及び秋田市沖における協議会 漁業影響調査検討委員会(第1回)」の開催について


取材・文/高橋健一

関連記事

男鹿市、潟上市、秋田市沖
清水建設のSEP船
秋田県庁
能代港の埠頭

アクセスランキング

  1. 秋田県、秋田・能代港湾区域の魚礁効果を調査 渋谷潜水工業が受託候補者に...
  2. 洋上風力第4ラウンド、「有望な区域」の整理に向けて 国が発電事業者から情報提供の受け付け開始...
  3. 【特集】洋上風力「第3ラウンド」の動向まとめ 青森、山形の2海域を徹底分析!...
  4. 【第2ラウンド深堀り解説①】第2ラウンド4海域 それぞれ別々の企業連合が選定事業者に...
  5. 着床式洋上風力発電の“いま”。北九州市響灘沖で建設工事が本格化
  6. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  7. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...
  8. 浮体式洋上風力トップ3社に聞く、日本が直面する課題と突破口
  9. ハブ、ナセルからタワーまで風車1基の定期点検に密着!
  10. パワーエックス 2025年に世界初の電気運搬船を建造

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.06 | ¥0
2024/2/28発行

お詫びと訂正