注目キーワード

English 日本語

政策・制度

長崎県壱岐市、利害関係者との調整などに国の積極的な関与を要望

長崎県は今年度、壱岐市沖の洋上風力発電について、国への情報提供を見送った。壱岐市では、漁業者との調整や防衛関係施設への影響調査について、国の積極的な関与を求めていくことにしている。

県が国への情報提供を見送り
漁業者調整と防衛施設への影響で

長崎県壱岐市は、周辺の5海域を洋上風力発電の導入可能性エリアとして検討を進めていた。導入可能性エリアとは、関係機関から洋上風力発電の導入について協議を続けることに一定の理解を得られた海域だ。昨年4月、壱岐市は県へ導入可能性エリアの情報提供を行った。(参考:壱岐市、周辺5海域を導入可能性エリアとして承認 長崎県へ情報提供

しかし、国への情報提供の期限である5月10日、県は壱岐市についての情報提供を見送ると判断した。県は、その理由について「令和5年度 壱岐市洋上風力発電等導入検討協議会」で説明した。

国への情報提供を見送った理由は主に2点。1点目は、共同漁業権の外部における関係漁業者との調整が十分に行われていないと判断したこと。2点目は、導入可能性エリアの中に防衛施設への影響が生じると判断された海域があることだ。

防衛省へのヒアリング踏まえ
影響あるエリアを除いて再検討へ

壱岐市によると、関係漁業者との調整に関して、「壱岐市以外の漁業者との調整が十分ではなかった」という。共同漁業権の外部の漁場では、壱岐市以外の行政区域に属する漁業者も漁業を営んでいる。そうした漁業者との調整が足りていないと判断されたという。

国境に近い壱岐市には防衛関係施設があり、島の西側海域には防衛省のレーダーや通信施設が集中している。壱岐市が防衛省・防衛政策局にヒアリングしたところ、導入可能性エリアの2海域に関しては、風車の高さや設置する間隔を変更したとしても、全域が「影響あり」と回答されたという。また、東側海域の導入可能性エリアの一部も、西側海域と同様の理由で「影響あり」との回答だったとしている。

今回の結果を受けて、壱岐市では、 漁業者などの利害関係者の特定や合意形成にあたって、国の積極的な関与を求めていく方針だ。壱岐市SDGs未来課は、「県の判断を踏まえて、もう一度、導入可能性エリアを選び直すところからスタートしたい。防衛関連施設への影響調査についても、国の積極的な関与をはたらきかけていきたい」と話している。国境に近い地域や離島では、関係漁業者に加え、防衛関連施設との調整も必要になるという課題が浮き彫りになった。

4月11日(木)に開催する「第3回WINDビジネスフォーラム」では、山形県遊佐町、北海道せたな町の政策責任者と、再エネの最先端テクノロジー開発企業が講演します。


WINDビジネスフォーラム

【参加無料】今年1月に事業者の公募がスタートした洋上風力第3ラウンドや、第4ラウンド以降の展望のほか、再生可能エネルギーを活かした地域振興やゼロカーボンの推進、世界が注目する最先端の技術トレンドを紹介します。

DATA

壱岐市ホームページ


取材・文:山下幸恵(office SOTO)

関連記事

秋田市南部沖
青森県鰺ヶ沢町沖
経済産業省
遊佐町沖
岩手県久慈市沖
経済産業省

アクセスランキング

  1. 日本風力発電協会 新代表理事にJREの安茂氏が就任
  2. 【第3ラウンドの最新動向】 青森県日本海南側、8事業体が環境アセス実施 建設拠点は青森港...
  3. 【第3ラウンドの最新動向】 山形県遊佐町沖は異例の展開、30前後の事業体が参入...
  4. 秋田市南部沖、2033年度までの着工目指す 浮体式導入も検討
  5. 洋上風力第3ラウンド、2海域で公募開始へ 事業者選定の評価基準が焦点
  6. 洋上風力発電設備、EEZ内設置について意見募集 22日締め切り
  7. 【 参加無料 】4/11 WINDビジネスフォーラム ~ ラウンドの最新動向と最先端テクノロジー ~...
  8. 洋上風力第2ラウンド 、3海域の選定事業者を公表 能代市北部沖は先送り
  9. 洋上風力第3ラウンド 、青森、山形の2海域で公募開始 評価基準の配点は変更なし...
  10. 洋上風力「第1ラウンド」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.05 | ¥0
2023/9/13発行

お詫びと訂正