注目キーワード

「促進区域/有望な区域」の検索結果

経済産業省と国土交通省は30日、新たに「秋田県男鹿市・潟上市・秋田市沖」「新潟県村上市・胎内市沖」「長崎県西海市江島沖」の計3海域を再エネ海域利用法に基づく促進区域に指定した。このうち、秋田県沖にはこれまでに3つの事業体が名乗りを上げている。ラウンド1と同様に、今回も地元企業を巻き込んで激しい主導権争いが繰り広げられそうだ。(画像:促進区域に指定された「男鹿市、潟上市・秋田市沖」)

新たに3海域が促進区域に 秋田県沖はラウンド2も激戦へ

「脱炭素社会」の実現に向けて国が再生可能エネルギー導入の「切り札」と位置付けているのが洋上風力発電。この普及を積極的に推進する全国の8自治体が協議会を立ち上げた。8自治体の首長はそろって、それぞれの地元で「漁業との共生」を図りつつ雇用促進ひいては地域経済の発展に向けて洋上風力発電プロジェクトが「追い風」となることへの強い期待を表明した。

洋上風力「促進区域」の8市町が協議会、「漁業との共生」や雇用・地域経済発展に期待

洋上風力発電事業の有望区域に選定された山形県遊佐町沖では、多くの事業者が環境アセスメントの手続きを進めている。一方で、地域住民や海域利用者などで構成される検討部会では、自然環境や景観への影響を懸念する意見が寄せられた。

遊佐沖の洋上風力、次々に行われる環境アセスメント。最大のテーマは地域共生か

千葉県銚子市沖では、地域の漁業者など関係者との共生に向け、基金への支出や新会社の設立といった動きが活発化している。公募占用指針にも盛り込まれた基金では、漁場の実態調査などを行うとみられる。

千葉・銚子沖の洋上風力、漁業者らとの共生に向け100億円規模の基金を活用へ

青森県沖の洋上風力発電事業の応札を目指し、新たなコンソーシアムが生まれた。アジア最大級の独立系再エネ発電事業者、ヴィーナ・エナジーと四国電力、東邦ガスによるものだ。青森県沖日本海(南側)は、再エネ海域利用法の有望な区域とされている。

青森県沖の有望区域、ヴィーナ・エナジー、四電、東邦ガスが応札に向けタッグ

風力発電業界最新ニュース

アクセスランキング

  1. 三菱商事系コンソ ラウンド1事業の実施体制固まる
  2. 洋上風力「ラウンド1」はすべて三菱商事系が落札! 圧倒的な低価格の理由は?...
  3. 洋上風力発電の落札制限 現時点ではラウンド2のみ
  4. 2022年度の促進区域、新たに3海域を指定へ。ラウンド2・3は合同で実施か
  5. 風力発電用吊り治具で工数低減!リフティング作業の名機「アクシオン」...
  6. 知っておきたい世界や日本における、風力発電の最新・重要データ
  7. カギを握る“地域共生”『WIND JOURNAL』vol.03 8/31発行!
  8. アルバトロス・テクノロジー 低コスト浮体式洋上風車の海上実験開始へ
  9. 丸紅 秋田洋上風力発電の設置大詰め 年内に商業運転へ
  10. CTV(人員輸送船)で洋上風力を支える東京汽船

フリーマガジン

「WIND JOURNAL」

vol.03 | ¥0
2022/8/31発行

お詫びと訂正